Virtual Clinic

本コンテンツは、全身型重症筋無力症の患者さんにソリリス®を投与する際に必要な事項・留意すべき事項を全てまとめたものです。ソリリス®の投与前から、投与中まで、段階ごとにまとめています。また、関連する資料も入手することができます。是非ご確認いただき、先生の日常診療にお役立ていただけますと幸いです。

ダウンロード PDF

村井弘之先生

国際医療福祉大学医学部
神経内科学主任教授

今井富裕先生

札幌医科大学保健医療学部
大学院末梢神経筋障害学教授

今井富裕先生
札幌医科大学保健医療学部 大学院末梢神経筋障害学教授

監修者コメント:チェックリストによって、先生の重症筋無力症患者さんがソリリス®の対象患者さんだと分かり、患者さんへの説明、ワクチン接種が完了しました。これらのステップが全て完了してからソリリス®を投与します。ここでは、投与にあたって、ソリリス®の投与スケジュールと調製方法をまとめました。本コンテンツを参照し、ソリリス®を適切に調製し、正しいスケジュールで投与を行っていただければと思います。

ソリリス®の用法・用量と投与スケジュールを確認してください。

用法及び用量(抜粋)

通常、成人には、エクリズマブ(遺伝子組換え)として、1回900mgから投与を開始する。初回投与後、週1回の間隔で初回投与を含め合計4回点滴静注し、その1週間後(初回投与から4週間後)から1回1200mgを2週に1回の間隔で点滴静注する。

投与スケジュール

ソリリス®の調整方法(例:点滴バッグの場合)

下記の手順に従い、ソリリス®を調製してください。


なお、ソリリス®の調製方法に関する詳細情報は、下記のパンフレットをご確認ください。